1000通貨取引でFXを少額4000円から始める

1000通貨取引ならFXを4000円程度の少額からできる


FXは通常1万通貨取引からになります。


例えば米ドル円取引の場合、1万ドルからの売買となります。


日本円で100万円前後からの取引となってしまい、そこまでのお金を元手にできる人はそう多くはありません。


しかしFXではレバレッジという手持ち資金の最大25倍までの取引ができる仕組みがあります。


この仕組みを利用すれば100万円を用意する必要もなく、最低4万円の資金があればFXを始めることができます。


しかし4万円と言っても少ない金額ではありません。


そこで最近のFX会社では1000通貨取引と言う通常の10分の1の資金から始められる所が増えてきました。


1000通貨取引対応のFX会社なら4万円の10分の1、4000円程度とお小遣いレベルからFXを始めることができます。


4000円でも25倍の10万円分の取引ができるのですから、大きな利益を狙うことができます。


ただし後述するように、レバレッジを高めれば高めるほどハイリスクハイリターンになりますので注意が必要です。


はなまるFXで少額の仕組みについて詳しく学ぶ


少ない資金で始められるレバレッジってどういう仕組み?


FX会社では証拠金というお金を口座に入れることでそれを担保に最大25倍までのお金を動かすことができます。


例えば、10万円を証拠金に口座に入れた場合、250万円分の取引ができます。


少ない資金で大きなお金を動かすことができるので株以上に利益を狙えるのがFXの強みです。


しかし、損失もその分大きくなる可能性があるので注意が必要です。


例)1ドル100円の時に、10万円で25倍、250万円分のドルを買った場合


①1ドル110円になった時にドルを円に戻すと275万円となります。そこから250万円を引いた25万円が利益となります。10万円で25万円を儲けたことになります。


②1ドル90円になった時にドルを円に戻すと225万円になり、250万円を引くと-25万円、25万円の損失が発生します。10万円で25万円の損失を出してしまったことになり、差額は借金となります。


このようにレバレッジを高めると利益も損失も大きくなります。


しかし借金が発生しないように、手持ち資金がなくなりそうになったらロスカットという強制決済をかけて取引を終了させる仕組みをFX会社はとっています。


上の例ですと、例えば資金の50%以上の損失ならロスカットをするとした場合、1ドル98円くらいになると損失が5万円となるからロスカットをして手持ち資金がなくなるのを防ぎます。


この仕組みにより借金となることを原則防げます。

(ごく短い時間で急激な変動があった場合、このロスカットが間に合わない場合があります)


レバレッジを高めれば高めるほど少しの変動でこのロスカットが発生してしまいます。


借金を防ぐための仕組みですが、レバレッジが高いせいでロスカットばかりされて手持ち資金がなくなってしまう、そんな事態もあり得ます。


為替相場は常に変動しているので、ある程度の損失は許容できる余裕をもっておくべきです。


大体10倍くらいを上限とした余裕のある資金でFXを始めたほうが安心できます。




FXとは?初心者向け投資FXの入門ガイド

ニュースやバラエティ番組で特集をされる程に人気の投資がFXです。 約4,000円からと気軽に始められ、無料で練習する機能もあるので投資初心者の方でも安心です。 当サイトではFXとは一体どのような意味なのか?について詳しく解説・説明していきます。 初めての方でも無料で練習できるデモトレードを利用することで、楽しみながらFXを学ぶ事が出来るので安心です。