ストップロスやロスカットがあるのに

Q:

ストップロスやロスカットがあるのに・・・

いくら瞬時に大暴落したといってもストップロスやロスカのラインを経て落ちるんじゃないの?

スリッページがあったとしたって死ぬほどにはならないよね?

それとも業者はわざとスリップ幅大きくして殺そうとするわけ?

もしくは一瞬にしてストップとロスカのラインを大幅にワープしてさらに下の値をつけるってことなの?


A1:

分単位じゃなく秒単位で落ちたらしいよ

米雇用統計や窓開けと同じような現象

しかもちょうど押し目からのブレイク時を狙ってるような感じだからタチが悪い


A2:

自動ロスカットの口座監視はリアルタイムではなく、一定時間間隔

この時は、スイ銀の介入で3分間に0.06くらい飛んだので

監視間隔の隙間ならこういうこともあり得る

やっぱり、枚数多いときは必ずストップはいれておくべきだなあ


A3:

為替介入でレートが飛んだらどうなるか考えろ

週末に材料が出て、月曜朝からレートが何円も飛んだらどうなるかよく考えろ

いつでもレートとティックがあると思うな


⇒ロスカットで損失時の影響を最小限にしよう!

FXとは?初心者向け投資FXの入門ガイド

ニュースやバラエティ番組で特集をされる程に人気の投資がFXです。 約4,000円からと気軽に始められ、無料で練習する機能もあるので投資初心者の方でも安心です。 当サイトではFXとは一体どのような意味なのか?について詳しく解説・説明していきます。 初めての方でも無料で練習できるデモトレードを利用することで、楽しみながらFXを学ぶ事が出来るので安心です。